Featured Book
of the Month

Every month we choose one book. Availble for examination and discussion on Book Cafe Days (check calendar).


Back to the Featured Books




Would you like to write a book review?
Give an interview?

APPLY!

We would love to have you join us. We post reviews in English and Japanese, thus you could read translated books and write reviews in either language!
For information on how to become an interviewer of book reviewer click here.

This Month's Selection:

Kinshu

by Teru Miyamoto

Reviewd by Naomi

錦繍(きんしゅう) 作者 宮本輝(みやもとてる)

この作者は、昭和22年3月6日生まれ、追手門学院大学文学部卒業後、就職したが作家になりたくて仕事を辞める。すぐに才能を表し、昭和52年4月「泥の河」で太宰治賞受賞、昭和53年1月「蛍川」で芥川賞を受賞した。
ちなみに、卒業された大学が舞台の「青が散る」は、1983年にテレビドラマ化された。 ホームページは、 Terumiyamoto.com

  さて、本題の「錦繍」はロングセラー小説です。2007年には、舞台化もされたほど、多くの人を魅了したこの本は、手紙形式で話が展開します。元夫婦同士であった男女2人が、偶然に思い出の場所で出会い、手紙のやり取りをする。こう書くとなんともない恋愛ものか!と思われてしまいますが、手紙という手間をかけて書く文章が、時間の流れを管理し、登場人物の心の移り変わりをうまく説明しています。今の時代だったら、メールや、テキストでは、このような展開にはならないだろう時間の流れがあり、この2人の間に流れた時間、その時間の重さ、その後の2人の人生について思いを寄せるようになっている。想いはあっても事情があり仕方なく離婚した2人の物語です。 偶然の出会いの結果、2人はどうなったのか?
良い読書を!

Naomi
link to their bio (available later)

For more on the auther Teru Miyamoto Terumiyamoto.com

Click to get back to the top