Archive for the ‘文学系’ Category

D Greeneさんのサイン会

Sunday, November 9th, 2014
D Greene

D Greene

 

知る人ぞ知るNPRラジオ局モーニング・エディションのホスト、デビット・グリーン氏のサイン会が昨夜11月8日にピオリア・ハイツの書店で催されました。

数週間前からこの催しのことは知っていたので、友人夫婦と出かけました。

サイン会は午後5時からでしたが、私たちは、少し早目に会場に到着。既に何人かが著者と歓談しながらサインしてもらっていました。私は、電話で1冊予約してあったので、それを受け取るとすぐ、グリーンさんのいるテーブルに向かいました。

グリーン氏はとても気さくな方で、私は躊躇なく会話をすることができました。私の1978年のシベリア鉄道での経験をお話した後、「当時のソビエトの人たちは、彼らの祖父母と比べて生活が数段向上していたので、満足しているように見えました」と締めくくりました。グリーン氏曰く、「彼らは、ソビエト時代に戻りたがっています。」

目次から察するに、彼の本は真冬のシベリアで会った人たちの描写形式を採っているようです。彼の紹介するロシアの人たちに会うのが楽しみです。

その後、書店の本を物色したりオードブルを味見していて、気が付いたら、サイン会場には長蛇の列ができていました。早起きは三文の得、みたいな感じがしました。

NPRのインタビュー

D Greene 11.8.14 003

アルカポネを再教育できるか?

Wednesday, June 1st, 2011

2011年5月初旬のこと、私はシカゴのあるイベントでコントを演じました。

1930年代のシカゴが舞台で、アルカポネ、ミュージカル『シカゴ』からロキシー、ヴェルマ、そして監守ママモートンというオールスター(!)キャスト。

脚本は私が手掛けました。ストーリーは、ワル(アルカポネ)を再教育できるか?です。観客がプラス志向型でしたから、結論はほぼ明らかでしょう。文末に、日本語原文と英訳を貼付します。

私の役ですか?ママモートンです。他に役を引き受けてくれそうな人がいなかったという理由で。

面白いことに、シナリオを書いている時、15年くらい前ガレージセールで買った1930年5月発刊の英国風刺誌「パンチ」に、シカゴ・ギャングに触れている段落を見つけました。

“The revelation by statistics taken in Chicago that most deaths occur at 3:30 A.M. would seem to confirm the suspicion that gunmen keep late hours.”

(シカゴでは午前3時半に最も殺人が起きるという統計から、ギャングたちは夜型らしいと言われていたことに信憑性が出てきた。)

遠く離れたイギリスでも、アルカポネたちは有名だったらしいですね。

(最下段に記載ページを貼付します。)

 

【日本語版】コント『ミュージカル・シカゴ』

配役:Roxie (ロキシー)、Velma(ヴェルマ)、Mama Morton(ママ・モートン)、Al Capone(アルカポネ)

場面:(ナレーション:M)

ここは、シカゴの刑務所。左にいるのは密造容疑なのだが、しっぽが出ない為脱税容疑で入獄されたアル・カポネ。ダンサーのRoxieとVelmaが刑務所の仕事を終えて牢屋に戻ってくる。付き添っているのは、刑務所の警備をしている私、ママモートン。

M:カポネの旦那。可愛い子たちを紹介するわ...ロキシーとベルマよ。

A:お前たち何をやらかした?

M:ハンサムな詐欺師を殺(や)ったのよ。

A:それはひどいことしたな…お前ら死刑になるのとちゃうか…

R: とんでもないわ。私は何も悪いことをしていないわ。正当防衛よ。私を刑務所に入れるなんて、ひどいわ。

V: 何言ってんのよ、ロキシー。あんたは、嘘八百で弁護士をたぶらかして民衆の同情を得ようとしたくせに。あんたと比べたら、私なんか、かわいいものよ。

R: ヴェルマ、落ちぶれダンサーのあんたは、私に嫉妬しているんでしょ。みっともないったらありゃぁしない。

V: 何ですって、もう一度その減らず口を叩いてごらん。お仕置きしてあげるから。(ヴェルマ、ロキシーに掴み掛かる。)

M: やれやれ、いつもの子狐の喧嘩が始まったね。さあさあ、二人ともお止め。あんたたち二人が100年かかってもできないような「大業」(こと)をしたこちらの大旦那に説教でもしてもらった方が良いよ。旦那、この子狐たちに話してやっておくれよ。

A: 今の法律やら社会もおかしい。俺はみんなが楽しむために、欲しがっている酒をたくさん造って、皆を楽しませてやった。それの何が悪い!(観客に向かい)そうだろ皆!! 俺は、燃える闘魂で事業に取り組み、俺の前にハダカルすべての障害を取り除いた。そして、俺は、実際、人を殺した事も無い。

M: そうよ、誰も旦那のそばに怖くて近寄れないわ…こわい闘志よ。

A: 俺は毎晩、寝ずに働き、誰にも負けない努力をしたんだ。それで俺の事業は成功したんだ。

M: 確かに旦那は、人の100倍もの努力をしたわよね。

A: ろくに働かない役人の為の税金を、俺が何故払わないからといって投獄されなければならないのだ。

M: [Shrug] 昨日、有名なリチャード ギア弁護士が所長を訪ねてやって来たんだよ。私もその場に呼ばれてねぇ。その時、旦那の話になってたんだ。リチャードは、あんたの誰にも負けない努力とやらは、私服を肥やすためにだけに注がれたとノタマワレタ。この意味がわかるかい?

A: いやぁ、わからん。皆、俺の酒で楽しんだじゃないか??仲間とひざをまじえて飲む酒には色々な効能もあるらしいな??

M: あんたのは、仲間と飲む酒なんかじゃなくって、品の無い女に売らせた酒だろ?!とにかくリチャードは、ハイスクールを中退した私には、到底わかりっこないフィロソフィーとやらを並び立てて、所長に提案したんだよ。「シカゴはアル・カポネたちのために犯罪の町のイメージを世界に与えてしまった。今からでも遅くないから、彼らを抜本的に再教育しましょう。」って。

A:勉強なんて冗談じゃねえぞ!

M:とにかく、旦那にロキシー、ヴェルマ、そして、なぜか私も、その勉強会とやらに参加しなくちゃぁいけなくなっちまったんだよ。

RとV:私たち関係ないじゃない!!!

M:今度の火曜日から、毎週2時間するんだとさ。所長の命令だし、断ることもできず、私がボスとあんたたちにこれを伝える役を仰せつかったって訳。さぁ、伝えたからね。もう消灯時間だ。

A: その勉強会に出れば、税金はチャラにしてくれるのかい?

M: 旦那は、骨の髄まで打算的だねぇ。さぁ、消灯、消灯。

ステージ、ライト・アウト。

【英語版】English translation

Musical Chicago (short play)

Cast: Roxie, Velma, Mama Morton, Al Capone

Scene:  (Morton Mama speaks)   This is a prison in Chicago.   On my left is Al Capone, who was suspected of illegal brewing, but since he didn’t show his true colors, was put in jail on taxation evasion charges.  Two dancers, Roxie and Velma, are returning to their cells after finishing their daily chores.   I am a prison guard, Morton Mama.

M:  Master Capone, I have a couple of cuties for you.  Roxie and Velma.

A:  What have you done?

M:  Shot a handsome swindler.

A:  That’s a grave crime.  You may be hanged for it….

R:  That’s not true.  I didn’t do anything wrong.  I killed him in self-defense.   I don’t deserve imprisonment.

V:  Huh, Roxie.  You lured the attorney with your sweet lies to earn sympathy from the people.  My crime is puny compared to yours.

R:  You’re an over-the-hill dancer, and jealous of me.  How pathetic!

V:  What!  You open the filthy mouth one more time, I’ll spank you.

M:  Good grief, the sly foxes are doing that again.   Now, now, stop that fighting.  The big boss here has made a grand achievement that you two cannot even dream of.  Master Capone, can you tell them what you’ve done?

A:  This is a screwy society, and the laws are against us.  They all wanted booze.  I got it for them, and they had a good time.  What’s wrong with it?  (Facing the audience) Aren’t I right?  I tackled my business with a fighting spirit and removed all hurdles in front of me.  I never killed my enemies with my own hands.

M:  True, nobody can come near you….You have a frightening fighting spirit.

A: Day in day out, I worked harder than anybody else with very little sleep.   That’s how I built my great business.

M:  Sure, you’ve made efforts 100 times as much as an ordinary man.

A:  Government officials hardly dirty their hands.  I don’t want to feed them with my money.  Why can they put me in jail for not paying tax?

M: [Shrug] Yesterday, the famous attorney Richard Gear came to see the director.  For some reason I was called to his room.  When I got there, they were talking  about you.  Richard said your matchless efforts were poured into filling your own pocket 100 percent.   Do you understand what he meant?

A:  Nope.  They all enjoyed the sake.   Some say sake consumed among friends at  social gatherings has many benefits…

M:  You didn’t make that sort of sake.  You had uneducated women sell it.  Richard kept talking about “philosophy” or something.   How could I know anything about it?  I dropped out of high school.  Anyway, he made this suggestion to the director:  “Chicago was branded as the infamous Criminal City of the world because of Al Capone and his gang.  It’s not too late.  Let’s reeducate them drastically.”

A:  Reeducate?  What the heck!

M:  Master Capone, Roxie, Velma, and for some reason, I was also handpicked, must attend study sessions.

R & V:  We have nothing to do with it!

M:  Two hours every week, starting this Tuesday.  It was the director’s order, and I couldn’t say no to him.  He wanted me to be there so I can let you know what was going on.  Well, I’ve done my job.  It’s time to turn off lights.

A:  I attend the study sessions.  I don’t pay the tax I owe.  Call it even?

M:  Master, you are calculating to the bone, aren’t you?  Shut the lights off now!

左欄4段落目にシカゴ・ギャングの記述 4th paragraph, left column