Archive for the ‘Music’ Category

ゲイブ・バルタザー、サクソフォン奏者 Gabe Baltazar, Saxophone Player

Sunday, September 29th, 2013

9月28日NPR(National Public Radio)でハワイ出身の日系・フィリピン系アメリカ人ゲイブ・バルタザーGabe Baltazarさんが紹介されていました。日系人の母、そして、フィリピン人の父を持つゲイプさんは、人種差別の蔓延していたジャズ界で活路を見出したアジア人の先駆者の一人でした。

NPRは、音声とテキストで彼の紹介をしています。音声バージョンでは、彼の演奏がバックグラウンドに流れています。Youtubeで彼のジャズも聴けます。

ゲイブさん、ありがとう。これからも、後輩たちを指導してください。

ジェイク・シマブクロ日本ツアー

Saturday, July 23rd, 2011

11月8・9日にウクレレ奏者ジェイク・シマブクロさんが、セントラル・イリノイ公演をします。それに合わせて、彼を私のウェッブサイトhttp://www.carlockbookcafe.orgで紹介するために、5月から彼のマネージャーKさんと連絡を取り合っています。

先日の彼女のメールで、ジェークが7月23日より日本ツアーを開始することを知りました。

http://jakeshimabukuro.com/home/

23日の恵比寿ホールのコンサートを皮切りに、向こう3ヶ月かけて日本縦断ツアーを組んでいます。凄いエネルギーです。

Jake Shimabukuro

実のところ、この春マネージャーのKさんに会うまで、ジェイクのことは知りませんでした。でも、よくよく考えてみると、ご縁があったんだと思います。

彼が「フラガール」の音楽担当をしたことをWikiで知りました。

思い出します。2007年のことです。

バンクーバー在住の私の30年来の友人である日系カナダ人夫婦の従姉妹がシカゴに住んでいることを聞きました。その彼女に会うために、某シカゴの仏教寺院での映画鑑賞日に合わせて、250キロ走ったことを。

彼女は日系4世。

上映された映画が「フラガール」。

ジェイクは日系5世。

これがきっかけで、第二次世界対戦中の日系人差別(内地拘留)等の人種プロファイリング問題に関わりました。私は日本が経済大国になってからの1980年代に渡米しました。その頃には、一般米国人が抱く日本のイメージは、とても好転していました。私がぬくぬくと心地よくアメリカで暮らせることができた背景には、日系人の方々の並々ならぬ努力があったからです。それを忘れてはなりません。私よりずっと前に渡米した日本人は、子供が学校で“ジャップ”と呼ばれたりしました。

ジェークは、持ち前の才能で世界の人たちに音楽を通じて“和”を訴えていると思います。彼の音楽は聴く人の心を癒すパワーがあります。

私は、アメリカの地で、日本語が自由に使えない日系人と日本から来て間もない日系1世との間の連帯意識の薄弱さを悲しく思います。それで、私は広く
(日本と接点を持つ) 「日本系」の人たちとお付き合いをしています。少しでも彼らの橋渡しができればと思いながら。

ジェイクをウェッブサイトで紹介するのは、8月の予定。彼のポスターとか絵はがきをKさんより送ってもらいました。11月の地方(Bloomington, IL)公演では、友人たちを誘って出かける予定です。

Jake Shimabukuro Post Card