Archive for the ‘Program’ Category

特別プログラム『連合国軍の日本占領時代を語る』を終えて

Wednesday, June 26th, 2013

Reflection on Special Program “The Occupation of Japan by the Allied Forces, 1945 – 1952”

Made-In-Occupied-Japan on Display

**********

日本語プログラム案内

皆さん、こんにちは。

今日は、昨秋開催を希望しながら実現できなかった『連合国軍の日本占領時代を語る』― シカゴ在住のデニー・奥原さんをご招待しての懇談会 - のお知らせです。

デニーさんは、カリフォルニア生まれの日系2世。ハイスクール卒業後、礼儀作法を学ぶために日本に行きました。ところが、第二次世界大戦が勃発して、帰国出来なくなりました。戦時中に日本の男性と結婚。終戦後は北九州の連合国軍基地で秘書をし、1955年、ご家族と一緒にアメリカに戻りました。当初、2年の日本滞在予定が、16年になってしまいました。日本で戦前、戦中、戦後を体験されたデニーさんとお話できるこの機会をお見逃し無く。戦争、そして占領時代を覚えている人が少なくなった昨今、とても貴重な体験談を聞かせていただけると思います。

日時

5月25日(土) 午後12時30 分から午後2時30分まで

場所:カーロック・ブック・カフェ @8305 E 2250 North Rd., Carlock, IL 61725

 

プログラム

【Made in Occupied Japan製品、書籍の展示】

12:30 – 12:45p.m.             デニーさんの紹介(塚本担当)

12:45 – 2:00 p.m.              デニーさんとの懇談及びQ&A

2:00 – 2:30 p.m.                展示中のMade in Occupied Japanカップの中からお好きなものを選

んでいただき、それでコーヒーまたは紅茶を楽しんでいたいただきます。

使用言語:日本語・英語

 

尚、当日は老人学の教鞭をとられたDr.アリス・村田と日系カナダ人のメイ・中野さんも同席されます。

 

English Invitation to the Program:

Dear Friends,

I am pleased to announce to you that the special Occupied Japan program that I had hoped to hold last fall is finally becoming a reality.  I am inviting Mrs. Dennie Okuhara from Chicago so that we are able to   find out about what her experience was like during her stay in Japan some 6 decades ago.

Dennie (Nisei) was born in 1922 in California.  Immediately after graduating from high school, she was sent to Japan to learn Japanese manners.  Shortly after her arrival, the Pacific War started and she was “stuck” in Japan.  She married a Japanese man during the war, started a family, and during the Occupation of Japan by the Allied Forces worked as a secretary in the Allied military base in Kokura, Kyushu.  She and her family returned to the U.S. in 1955.  Her initial intended stay of 2 years in Japan turned out to be 16 years.

It is a rare, and probably the only, opportunity for us to be able to talk to Mrs. Okuhara.  Very few people remember those days.   Don’t miss it.

Time & Place

May 25, 2013 (Saturday) from 12:30 p.m. to 2:30 p.m.

Place: Carlock Book Café, 8305 E 2250 North Rd., Carlock, IL 61725

Program

[Made-In-Occupied Japan products and books about the era will be on display during the program.]

12:30 – 12:45 p.m.            Introduction by Chiko Tsukamoto

12:45 – 2:00 p.m.              Casual discussion and Q & A with Dennie Okuhara

2:00 – 2:30 p.m.                Pick your favorite Made-in-Occupied Japan cup that is on display, and

enjoy coffee or tea in the cup.  Dessert will be served.

Language:                           English and Japanese (Dennie is bilingual)

Dr. Alice Murata, who used to teach gerontology at college and third generation Japanese Canadian May Nakano will be also present.

*********

2013年5月25日、カーロック・ブック・カフェの特別プログラムを遂行。当初、参加者9名を予定していたところ、当日14名に膨れ上がり、嬉しい悲鳴。参加者のバックグラウンドも様々。日系アメリカ人、日系カナダ人、日系ブラジル人、中国系アメリカ人、日本人永住者及び帰化人、米国人、等。また、占領時代を体験した場所も、東京、山口、沖縄、等。日本語ができない人がいたため、共通言語は英語。

ゲストは占領時代を山口・北九州で送る。首都での生活とは、随分異なっていたようだ。北九州の連合国基地には英国やオーストラリアの軍人も多く駐在していたので、彼女の英語が英国訛りになり、朝鮮戦争が始まってから訪れたアメリカの弟さんが驚いたそうだ。彼女は基地で秘書をして、月1万円の給料をもらったそうだ。当時としては高給取りだった。

一番面白かったのは、彼女は日本政府が女優の原節子さんをマッカーサー元帥に進呈したと信じていたこと。それは単なる噂だったが、本州の最南端では、真偽を確認することが難しかったのだろう。

〆はコーヒーとデザート。プログラムの終わる頃、参加者間でメールアドレスを交換し合ったりする光景が。新しい出会いがあり、おいしいデザートと会話。笑顔の参加者見送った。

Guest

 

Participant

More participants