Archive for July, 2016

チコのブック・レビュー 『遠い対岸』“ある帰米二世の回想”山城正雄著 To-oi Taigan by Masao Yamashiro

Thursday, July 21st, 2016
『遠い対岸』“ある帰米二世の回想”山城正雄著 To-oi Taigan by Masao Yamashiro 1984

『遠い対岸』“ある帰米二世の回想”山城正雄著 To-oi Taigan by Masao Yamashiro 1984

[1916年、ハワイのカウアイ島で生まれた著者は、小学校2年から16歳までを沖縄で過ごした。その後、ハワイに戻り、従兄の経営するパイナップル畑で働き始めた。色々な仕事に従事し、ホノルルを経てロサンジェルスに渡った。戦争が始まり、収容所に送られた。そこで、有志と同人誌を作った。米国に於ける日本人、日系人を観察して来た著者が回顧するアメリカにおけるあまり知られない日系人グループの移民史。1970年から邦字新聞『羅府新報』に連載したコラムを一冊の本にまとめたもの。]

幼い頃喋っていた言語は、違う言語環境に入ると失われてしまうことはよく知られている。著者は7歳から9年間英語圏を離れた。16歳でハワイに戻った時、英語は完全に喪失していた。言葉の壁は、ハワイに戻った著者に屈辱と羞恥心を植えつけ、久しく日系人社会から出る勇気をもぎ取った。

著者は、生きるために手に入る仕事なら何でもした。皿洗い、工場勤務、ドライドックのかんかん虫、ハウスボーイ、ヤードワーク、ウエイター、野菜売り、等。自活するだけでも大変なうえに、沖縄にいる弟の学費の仕送りもした。当時のホノルルの日系銀行は、ハワイの日系一世に対し、冷淡だったと著者は観察している。異国で働く日本人駐在員たちは、日本人移民を見下す傾向があったのだろう。

著者が描く当時の支那人を扱う章はとても興味深い。彼らは、米国移住者の先駆者的存在で、彼らの従事した職業の多くを日本人が受け継いだ。どうして中国人コミュニティが衰退していったか?日系一世のピクチャーブライド現象に新しい視点が生まれる。日系人が中国人から引き継いだ職業を、今度は移民後発の韓国人や他のアジア人が引き継いでいる。経済社会の縮図をみているようだ。

著者は移民一世は、正式なルートで移住してきた日本人と、密入国者からなっていたことを記している。共に、二世の陰で生きた世代(権利がなかったため)ではあるが、後者はよりしたたかさを有し、米国開拓史の「西部やフロンティアを生きた人々を彷彿させる」と述べている。米国移民一世を十把一絡げで考えない方が良いだろう。

日系二世の構造は、複雑だ。アメリカ生まれでアメリカ育ちの「純二世」。アメリカ生まれで、日本で教育を受けた後アメリカに戻った「帰米二世」。このグループを英語の出来る・出来ないにより分別することも可能である。加えて、アメリカにいる一世が日本から招いた「呼び寄せ二世」。市民権のある二世は、一世の事業の成立に不可欠だった。彼らの一部は、アラスカや南米へも移住した。

収容所生活を描いた章は、特に注意を払って読み進むべきだと思う。狭いスペースに詰め込まれた、多種多様の背景を持った日系人。人間関係の確執が噴き出る。自我が向き出しになり、派閥ができる。人を統制することの難しさが露呈する。

私にとって一番印象に残るコラムは、「日本刀も哀しい」章の中の『日本刀の光で奇襲わかる』だった。終戦間近。「玉砕」を決意した日本軍人。月夜の晩に武士の魂たる日本刀を挙げて敵に襲い掛かる。日本刀が月光で光り、それが連合軍に日本軍人の奇襲を教えた。この稿は、日本人の美徳を重んじる姿を痛烈に皮肉っている。日本を愛する著者であっても、太平洋を越えた“対岸”に住む者には、“井戸の外”から武士の美徳を観察することが出来るのだろう。

著者は、山崎豊子著『二つの祖国』のモデルになった伊丹明について多くのページを費やしている。日英両語に精通しているがゆえの悲劇。何という運命の皮肉。同じ帰米二世として、また、本人と知己のあった者として、著者の思いは複雑だ。異国に住む者にとって、祖国とは何か?を真剣に考えさせる説得力がある。『二つ…』と併せて読まれることをお薦めする。

最近読んだサンケイ新聞電子版に、日系人の日本観について面白い記事を見つけたので、ご紹介する。

『….日本人と日系米国人との間には亀裂があります。日本に住んでいる人は、日系米国人は親日であると思っているようですが、彼らは1942年の日米開戦後の日系人の強制収容所行きについては、日本が無謀にも真珠湾を攻撃したせいで日系人が大きな迷惑をこうむったと信じているので、一般的に親日的ではありません。また、最近の新一世が裕福な生活をしていることも、苦労して財や地位を築いてきた旧来の日系人を反日にする要因にもなっているようです。』(7.4.2016 サンケイ掲載[目良浩一の米西海岸レポート(3)])

私が米国移住して約30年になる。久しい昔に米国に移住してきた日本人の子孫である三・四・五世の日系人と、日本が経済的に立ち直ってから渡米した新一世(及び日本の駐在員)との関係は他のアジア諸国民と比べて薄いように感じられる。米国史で特異な悲しい経験を持つ日系人が、若い世代に先代の遺産を継承していくことが必要であることは、言わずもがな。その活動は続いている。だが、米国社会に於いて、特に現代のようなレーシャル(犯罪者)プロファイリングがのさばってきている時に、日系人は『モノ申す』と米国民に啖呵を切っているのだろうか?それができていない一因は、日系人の後裔と新一世たちとのつながりの薄さではないかと思う。

本著はLA在住の日系人向けに書かれた新聞稿であるため、一部読解しにくい表現や耳慣れないカタカナ言葉の頻出で、読みずらいことがあるのは否めない。冗長な文章もまま見受けられる。しかし、著者の洞察力と観察眼には読者を唸らせるだけのものがある。彼の描いた現象は、現代社会に多くの共通項を見出すことができる。地球レベルで国境を越える人口が増加している昨今。ビジネスのため。生きるために。結果として、第2、第3の祖国を持つ人たちが多くなった。祖国とは何か?米国に住む日本人・日系人必読の書。日系人の日本人観と日本人の日系人観の差を考えてみよう。そこから派生して、現代の難民問題に目を向けてみよう。千津子

 

Divergence Eve – Anime Review by Bryan Neef

Tuesday, July 19th, 2016

https://www.animenewsnetwork.com/encyclopedia/anime.php?id=2293

Let’s get it over with.  Divergence Eve is fan service and easily dismissed as a video to watch for the plot, much like an infamous American magazine was “read for its articles.”

The above is only half right.  Divergence Eve has fan service, but considering other, less obvious examples, it’s actually tame.  And, surprisingly it has a plot.  The plot is both homage to, and a minor rip off of Neon Genesis Evangelion.  It is also a spiritual predecessor to Knights of Sidonia, which I reviewed last year.

Mankind has discovered a way to traverse the galaxy without the traditional tropes of hyperspace and worm holes.  At least it’s not called hyperspace or worm holes.  Instead, humans can tunnel into another universe and come out at their destination by effectively creating mini Big Bangs.  The story builds upon this technique and uses it’s mechanics throughout the series.

As with any good sci-fi story, the explorers found something on the other side.  Now, the interesting thing about this “other side,” is the series isn’t clear if it’s the other universe, or the planet and outpost called Watcher’s Nest.  This is, I think, a good thing.  It builds the suspense, and it does it very well.

The main character in Divergence Eve is Misaki Kureha, the daughter of one of the explorers of Watcher’s Nest.  He and his expedition were lost eleven years prior.  And it wasn’t the first expedition.  And there are hints that certain people knew, and/or expected what happened.

To a lesser extent, the series follows her squad of cadet pilots and their encounters with the denizens of Watcher’s Nest, called Ghouls.  And the squad follows the trope of “only people with special talents are recruited.”  Only, this trope has a twist, and it isn’t the body types, or the uniforms (the aforementioned fan service.)

In the first episode, we find out quickly that Misaki isn’t just a normal person.  She really is something more.  And this is where the series shines.  We, the audience, know she’s special.  Most of the characters don’t.  But even in knowing she’s special, we aren’t told how, or why, for nearly ten episodes of the thirteen episode series.

Those in the series who know, follow the trope of a secret organization called SEELE…sorry, wrong series.  I believe the secret organization is Alchemy, but there are a lot of names thrown out.  Both during the main story time and the flashbacks that show what has led up to the current time, reference a pseudo-governmental agency.  And the flashbacks are another, great technique Divergence Eve uses to move the story on.  And they do it well.

As the series progresses, the citizens and crew of Watcher’s Nest encounter Ghouls.  Some more frequently than others.  The command crew keeps vital information secret from Misaki and her friends, as well as the public at large.  And the super secret Alchemy keep more secrets from everyone.  The audience learns as the crew does what the Ghouls are, and the secrets Alchemy is trying to keep buried, and bring out.  And those secrets are a major force in the show.

And without revealing too much, what Misaki learns about herself, her father, Watcher’s Nest, and the Ghoul causes her great distress.  She sees her friends killed or mind wiped.  She sees the citizens being lied to, supposedly to protect them.  And as she is about to learn more about her father, her informant is killed.  She finally learns what her role is in Alchemy’s plan.  All of this gives her the resolve of Shinji Ikari!  Sorry, wrong series again.  After everything she learns, she has the resolve to do more to protect the people of Watcher’s Nest.

Shockingly, the series, more accurately, the first series, ends on a very depressing, yet hopeful note.  Misaki returns from the brink of insanity, or worse, and tries to stop the mad scientist, an Alchemy agent, behind the events in Watcher’s Nest and, possibly, her life, but it appears to be too late.  But with what she learns at this juncture, she is able to set in motion a plan to fix things.  And that fix is, apparently, in the second series, The Misaki Chronicles, which I will be watching and reviewing soon.

As I’ve mentioned, the plot execution has been very good.  It builds and maintains the suspense better than many other programs.  It has its light moments, which are less frequent as the series progresses.  It doesn’t have the same smoothness as Knights of Sidonia or Evangelion.  In some places, the pacing is too fast, and others it’s too slow.  The slowness is more to point out the important parts, drawing attention to plot points in a heavy handed manner.  But it can be forgiven, since it doesn’t appear to have the same production quality of many of its contemporaries.

From the production stand point, the blend of CGI and traditional cells were, at best, rushed.  Computers animated the ships, battle suits, and the Ghoul.  In the docking bays, the ship CGI was appropriate.  Even some of the flying sequences were decent.  However, shows released at the same time, that I’ve watched, such as Sakura Taisen, Angel Heart, and Galaxy Express 999 TV had smoother CGI sequences.  Even Lensman, released in the mid-80’s had better CGI than the 2003 Divergence Eve.  But, as I said, the production of Divergence Eve seems rushed.

For the most part, the acting was decent.  Being an AD Vision release, their stock actors did their best, even with fake British accents, considering how much they were releasing at the time.  To me, there seemed to be too many scenes where the emotional turmoil presented wasn’t necessary, too strong and fast, or not enough.  Taken in context, it matches a rushed project on both sides of the Pacific.

Overall, I think Divergence Eve did more right than wrong.  I would recommend it for the story, and fan service (which, while more tame than others, really wasn’t necessary here.)  The execution of the story may leave viewers wanting, but that comes with the glut of anime produced before the anime market crashed a couple of years later.

BusinessCard

チコのブック・レビュー 『徳川慶喜家の子ども部屋』榊原喜佐子 Book by Kisako Sakakibara

Friday, July 1st, 2016
『徳川慶喜家の子ども部屋』榊原喜佐子 Tokugawa Keiki-ke no Kodomo-beya by Kisako Sakakibara

『徳川慶喜家の子ども部屋』榊原喜佐子 Tokugawa Keiki-ke no Kodomo-beya by Kisako Sakakibara

最後の将軍徳川慶喜の孫としてうまれた著者、榊原喜佐子(1921-2013)の回顧録。7歳からつけていた日記の抜粋を織り込みながら、小石川第六天町で過ごした少女時代、姉高松宮妃殿下の結婚、お転地、女子学習院、戦時中の思い出等を綴る。

著者は少女時代を、東京小石川の第六天町にあった3000坪のお屋敷で、50人の使用人と共に過ごした。そこには皇族・華族階級の人々が出入りした。家庭教師がいて、夏は避暑地で過ごした。外出時には必ず付添人がついた。特殊用語、行事、慣例の渦巻く生活。そして、彼女の自由行動範囲は、おおよそ敷地内に限定されていた。父親 を幼くして亡くした著者が、天真爛漫に少女時代を過ごすことができた背景には、一つ違いの妹の存在があった。

著者の育った環境がいかに庶民とかけ離れていたかを考えてみよう。同じ大正生まれの私の母を例にとってみる。愛知県三河の小さな町に5人兄弟の長女として生まれた母は、年端も行かないうちから、子守りをさせられた。「背丈が自分とあまり変わらない弟や妹をおぶっていたから、背が伸びなかった」と、母が言っていたのを思い出す。当時、女子は小学校にあがる頃には親を助けて家事、和裁、畑仕事をした。お見合い結婚で嫁いだ後は、舅姑に尽くした。「明治と昭和の板挟みの大正生まれは、損。子供時代は親の言いなり。昭和生まれの子どもには、威張られる。」が、母の口癖だった。

著者と彼女の妹はお抱え運転手付き自動車で女子学習院に通った。1930年代のことだ。彼女たちにとっては、市電に乗ることが“冒険”だった。当時自家用車で通学した子女が日本には何人いたのだろうか?私の母は40半ばで運転免許を取得して初めて自家用車を手に入れた。1968年のことだったと思う。「テレビで車に乗っているアメリカ人を見ると、とても羨ましかった。まさかマイカーが持てる日が来るとは思わなかった。」母は何度もそれを口にしたから、余程嬉しかったのだと思う。

使用人に傅かれ、お店で物を買えばお金を払わねばならないことも知らなかった著者は、まさに別世界の住人だった。だが、違った環境の中で育った彼女が読者に好感を与える理由は、彼女の素直さゆえだと思う。小さい頃、お転婆で木登りが好きだった。学校で立たされたこともあった。満州事変が始まると、「満州に行って兵隊さんたちと一緒に戦いたい」と切実に思った。太平洋戦争が勃発すると、必ず日本の勝ち戦になることに微塵の疑いも挟まなかった。疎開先での失敗談、敗戦後の鬱病罹患、等を臆することなく書き連ねている。

戦後華族制度が廃止され、彼女は平民になった。巻末で著者は自分の躾が、「戦後50年経っても身内に生きているのを感じる」と述べている。続けて、「人にかしずかれ労せずして暮らしていける身分にある者には当然の義務というものがあって、自由は望んではならない、常に人への配慮を忘れてはならない、自分を律することに厳しくなければならない、と思っている」とも。本著の中で彼女はお世話になった多くの人に感謝の意を表している。

最後の将軍徳川慶喜を祖父に持った著者は、国に自分のすべてを捧げることを潔しとした。彼女は、女子学習院時代に大政奉還を研究した。国の命運を個人のそれより前に置くことをその時脳裏に刻んだのではないだろうか?それが、彼女の日本への限りない祖国愛を産んだのだと思う。戦況が悪化し、敗戦色が濃くなった昭和19年秋、彼女の夫は言った。「我々は、悠久の祖国の中に生きる。今はそれしかない。」「我々は祖国のために死ねばよいのだ。」著者は、夫と共に祖国のために殉死する覚悟があった。その日の日記の結びは、「そうだ、死のう。今の代に苦しみの中にある祖国の姿をじっとみつめつつ、我らはただ死ねばよい。」

彼女は、与えられた境遇の中で、懸命に生きた。私はその生き様に共感する。千津子