D Greeneさんのサイン会

D Greene

D Greene

 

知る人ぞ知るNPRラジオ局モーニング・エディションのホスト、デビット・グリーン氏のサイン会が昨夜11月8日にピオリア・ハイツの書店で催されました。

数週間前からこの催しのことは知っていたので、友人夫婦と出かけました。

サイン会は午後5時からでしたが、私たちは、少し早目に会場に到着。既に何人かが著者と歓談しながらサインしてもらっていました。私は、電話で1冊予約してあったので、それを受け取るとすぐ、グリーンさんのいるテーブルに向かいました。

グリーン氏はとても気さくな方で、私は躊躇なく会話をすることができました。私の1978年のシベリア鉄道での経験をお話した後、「当時のソビエトの人たちは、彼らの祖父母と比べて生活が数段向上していたので、満足しているように見えました」と締めくくりました。グリーン氏曰く、「彼らは、ソビエト時代に戻りたがっています。」

目次から察するに、彼の本は真冬のシベリアで会った人たちの描写形式を採っているようです。彼の紹介するロシアの人たちに会うのが楽しみです。

その後、書店の本を物色したりオードブルを味見していて、気が付いたら、サイン会場には長蛇の列ができていました。早起きは三文の得、みたいな感じがしました。

NPRのインタビュー

D Greene 11.8.14 003

Comments are closed.